アリストクライシ for Elise/感想/周回遅れの人生録

著者:綾里けいし イラスト:るろお

★★★★★

今回は「アリストクライシ」という本を紹介します。

著者は「B.A.D」「異世界拷問姫」綾里けいし先生です。

両親を殺され、その復讐のために旅をしている化け物の少女と、人間から迫害され、生きたまま埋葬された化け物の青年が紡ぐ、2人ぼっちのダークファンタジー。

私は、世界から弾きだされた2人が、寄り添いながら互いの孤独を埋め合う。みたいな物語がすごく好きで、この作品はそのジャンルの中でも特に好きな作品の一つです。

生きたまま埋葬された青年を掘り出したのは、一人の美しい少女だった。心を持たないからと、人間から忌み嫌われ『名前のない化け物(グラウエン)』と呼ばれた彼に、少女エリーゼは微笑み手を差しのべ、告げる「私はずっと、貴方を探していたのかもしれませんね」。彼女もまた『穴蔵の悪魔(アリストクライシ)』と呼ばれる別種の化け物だった。だが彼女は、一族を激しく憎み『穴蔵の悪魔』を殺すためだけに生きていた――儚く哀しい化け物達の闘争を描いたダーク・ファンタジー開幕!

以下、ネタバレを含む感想です。

 

その不死性と名前のない化け物「グラウエン」との類似性から人間に迫害され続け、ある事件の折に生きたまま埋葬された青年を墓の下から掘り返したのもまた、理不尽な迫害を受けた化け物の少女だった。彼女はエリーゼ・ベロー穴蔵の悪魔「アリストクライシ」と呼ばれる種類の化け物だ。

彼女両親を奪われた復讐のために同族殺しを行っていた。敵もまたアリストクライシ。『賜り物』と呼ばれる異能と『領地』と呼ばれる異空間を作り出す力を持った超常の存在だ。行く当てのなかった化け物の青年。後にグランと名付けられるエリーゼに同行を求め、彼女の復讐に協力することになる。

 

2年後、彼らは7人の人間が失踪した街を訪れる。「―――この街は、何かがおかしい」

失踪者7人の内、3人の死が確認され、残る失踪者はあと4人。しかし、街の住人は失踪者を心配する必要は無いという。曰く、この街では病人や悪人は消える。病人は治癒された状態で帰還するが、悪人は消失するという。奇跡に守られた街は歪な幸福に満たされていた。

「飢えがない、病がない、悪がない―――だが、それは正常か?」

街に留まり、調査を続けるエリーゼグラン。しかし、事態は様々な要因で複雑さを増し、2人は図らずも自らの過去と対面することになる。そんな話。

 

丁寧に作りこまれた何もかもが私に刺さる作品。章の合間に挟まれる2人の過去も、最後にもう一度繰り返される2人の出会いも良い。冬の情景、人間の愚かさ、化け物の残虐さ、世界の冷たさ。その中でも温かな2人の絆。互いの心を思いやる穏やかなものでもありながら、自分が壊れないための共依存であるのもすごく良い。

グランが化け物の悪意と人間の愚かさに、怒りや殺意を覚えながらも、エリーゼとの日々を思い出し、涙がすべてを押し流していく場面は素晴らしかった。

化け物と呼ばれた少女と、とある化け物の結末も最高。

綾里けいし先生の作品を読むのなら、是非これからと勧められる一冊です。

タイトルとURLをコピーしました