スパイ教室01《花園》のリリィ/感想/周回遅れの人生録

著者:竹町 イラスト:トマリ

★★★★☆

今回は「スパイ教室01《花園》のリリィ」という本を紹介します。

第32回ファンタジア大賞「大賞」受賞作です。著者は竹町様です。

過去に傷を持つ不器用な主人公が、スパイ養成学校では落ちこぼれと判断された少女7人を指導し、死亡率9割を超える「不可能任務」に挑むスパイもの。この時点で、魅力は伝わってくる。

陽炎パレス・共同生活のルール。一つ、七人で協力して生活すること。一つ、外出時は本気で遊ぶこと。一つ、あらゆる手段でもって僕を倒すこと。―各国がスパイによる、影の戦争を繰り広げる世界。任務成功率100%、しかし性格に難ありの凄腕スパイ・クラウスは、死亡率九割を超える“不可能任務”専門機関―灯―を創設する。しかし、選出されたメンバーは実践経験のない七人の少女たち。毒殺、トラップ、色仕掛け―任務達成のため、少女たちに残された唯一の手段は、クラウスに騙し合いで打ち勝つことだった!?一対七のスパイ心理戦!第32回ファンタジア大賞“大賞”作の痛快スパイファンタジー!!

以下、ネタバレを含む感想です。

 

スパイ養成学校で落第寸前の少女リリィ。彼女が不可能任務を専門に行うスパイチーム「」に配属されることから物語が始まる。

リリィは「死亡率9割の任務」を専門とするチームならエリート揃いで安全だろうと、持ち前の楽観さで「灯」の拠点に向かうのだけれど、集まっていたのは落ちこぼれの問題児ばかり。7人は懇親会を開いて打ち解けることが出来たのだけれど、不安は募る。

次の日、「灯」のリーダークラウスによる授業が始まる。しかし、この男ものすごいポンコツだった。彼は感覚で動くタイプの天才で、スパイの技術をふわっとしか教えられない。その後、彼は「僕を倒せ」と実戦形式の授業を始めることに。

 

本作は飽きさせないテンポの良い作品だ。だが、とある仕掛けのためキャラの把握が難しく、印象に残るのは半分ぐらいだった。しかし、キャラに魅力が無いからではなく、構成の問題だろう。2巻もメイン1人サブ1人という掘り下げ方になっている。

 

まず、少女たちのリーダーであるクラウス。天才で最強、だが不器用で天然でマイペース。若干、言葉足らずだが、必要な場面で必要な言葉を真摯に伝えられる人。「」のメンバー達の中に、「灯」の先代、壊滅した「」の影を見ていて、すごく寂しそうで、人恋しそうだった。

次にリリィ。メンタル鋼、お調子者でうっかりさん。だけど、強かで行動力がある。クラウスがポンコツだと分かった時点で、自身とメンバーの命のために彼に襲撃をかけるなど、資質は見られる。「灯」が一丸となってクラウスに挑んでいる最中、スイーツにつられて買収されているのは、ご愛嬌。

 

そんな彼と彼女らが敵国に潜入して、スパイ活動を行い、敵を欺くさまは、まさに、痛快だった。

タイトルとURLをコピーしました